SNS
bookhunterをフォローする

反速読・反多読「知的生産の技術」から学ぶ読書法

 知的生産の技術としての読書
では、「知的生産の技術」の主にアウトプット面について書きました。「知的生産の技術」は、インプット面、すなわち読書法についても、結構なページをさいて説明しています。
 
 最近の読書法のトレンドとしては、速読だったり、多読だったり、効率を重視して本の内容を全て読むことにとらわれない考えが主流です。

しかし、「知的生産の技術」も読書法では、これとは逆の考えを示しています。

 「よんだ」と「みた」

 一般に速読・多読においては、本の中から自分の欲しい情報だけをピックアップして効率よく読書を行います。

 一方、「知的生産の技術」では、これとは逆の考えを示しています。この本では、「本というものは、はじめからおわりまでよむものである。」とあります。

 その理由として以下のように説明しています。

 それがなぜかというと、それが、著者のかんがえを正確に理解するための基本的条件の一つだからである。どんな本でも、著者には全体として一つの構想というものがあって、それによって一冊の本をまとめているのである。各部分は、全体の文脈のなかでそれぞれしかるべき位置におかれることによって、意味をもっているのである。その構想、その文脈は、全部読むことによって、はじめて理解できるたちのものである。

 つまり、本の内容における全体の文脈、著者の意図を理解しなければ、その一部分であるキーワード、用語の意味をはかりかねる危険があるということです。そして、全体の文脈や著者の意図は、著者の身になって本を始めから終わりまで読まないとわからないよということです。

 また、この本では、こうも言ってます。

 娯楽としての読書なら別だが、一般には著者の思想を正確に理解するというのは、読書の最大目的の一つであろう。内容の理解がどうでもいいのなら、何も時間をかけて読書などする必要はない。内容の正確な理解のためには、とにかく全部よむことが必要である。半分よんだだけとか、ひろいよみとかは、本のよみかたとしては、ひじょうにへたなよみかたである。時間はけっこうかかりながら、目的はほとんど達しない。いわゆる「ななめよみ」で十分理解したという人もあるが、あまり信用しないほうがいい。すくなくとも、きわめて危険で非効率的なよみかたであろう。

 はじめからおわりまで読んだり本だけ、わたしは「よんだ」という語をつかうことを自分に許すのである。一部分だけ読んだ場合には、「よんだ」とはいわない。そういうときには、わたしはその本を「みた」ということにしている。そして、あたりまえのことだが、「みた」だけの本については、批評をつつしむ。

  新聞や雑誌、あるいはブログ記事の引用・紹介・批評のなかで、この人本当に読んだのか?と思うようなことってなかったでしょうか?それどころか、引用元の本とは正反対の内容が紹介されていたりすることもあります。そういう場合、その引用元の本を「みた」だけで「よんで」いないことが原因であると思われます。

 読書量について

 読んだ本の冊数をアピールしたがる人が多くいます。年間何百冊読んだとか言われると本当かな?と思ったりもしますが、本当だとしてかなり効率的に読まなければ無理でしょう。(もしくは、大学の教授みたいに、専門家だから一応目を通すが、本に書かれた内容の大半をすでに知っているという場合でしょう。)

 速読本や多読本が売れていることからも、本を効率的に読む技術の需要はあるんだと思います。

 でも、多く読むことにとらわれて、肝心の内容を理解できなければ意味がありません。

 読書量にあまりとらわれるのは、うまいやり方ではないと思います。逆に、自分のペースで理解することを目的とするなら、少ない読書量でも気にすることはないと思います。

 「知的生産の技術」では、以下のようにあります。

 よむことには、かなりの努力をはらっているのだが、それでも、一年間に読書カードは100枚とはたまらない。平均して、週に2冊までゆかないのである。おおおい月で10冊、すくない月で3冊くらいしかゆかない。ひじょうな速読・多読の人もあるようだが、年100冊というのは、ふつうの人間としては限度ではないだろうか。

 読書カードというのは、梅棹忠夫さんが「よんだ」本について読書経験を定着させるために、内容をカードに要約したものです。

 このように、本を始めから終わりまで読み、かつ読んだ内容をしっかり定着させたなら、読書量は年100冊程度が限界だろうということです。

 梅棹忠夫さんは、晩年の失明後、それ以前よりも多数の著作を残すというエピソードをもつ程の知的生産に対する熱量をもった人物です。そんな人でさえ真剣に本を読んだら、年100冊いかないよ、と言っているのですから、読んだ冊数を気にしたりなんかせず、コツコツ読書を続けたいものです。

 

コメント